忍者ブログ
大好きなお花や、家庭菜園、料理、パンやお菓子作り、そんな日々の暮らしを、アップしていきたいと思います。 みんなに元気を発信していけたらいいなぁ♬
 840 |  839 |  838 |  837 |  836 |  835 |  834 |  833 |  832 |  831 |  830 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは~

今日もすごく寒い関西ですemoji

桜もまだ蕾が固そうだし、週末くらいには、咲き始めるかしら?



さて、福井藩主、松平家の別邸、

養浩館庭園(ようこうかんていえん)ですが、


江戸時代には、御泉水屋敷(おせんすいやしき)

と呼ばれていました。

養浩館庭園と呼ばれるようになったのは、

明治になってからだそうです。





まるで、御屋敷が池に浮いてるように、見えます。

優美な書院建築と雄大なスケールの回遊式庭園で、

江戸中期を代表する名園の一つとして知られ、

藩の迎賓館としても使われていたそうです。



しかし、昭和20年の福井大空襲で建造物が焼失。


昭和57年に、国の名勝に指定されたのを機に、

建造物・庭園の復原事業が決まり、

1823年の「御泉水指図」によって整備が行われたそうです。



パンフにあった庭園図がこちら。





池が大きいのがわかると思います。

御屋敷に入ると、すごく広い間が、続いています。





そして、広大な池を中心にした庭が

屋敷から一望出来ます。





驚いたのは、

窓の下がすぐ池で、

鯉が泳いでいるんですよ~emoji





なんて優雅なんでしょうemoji





もう、うっとりと座り込んで、眺めてしまいましたemoji





こんな贅沢な時間を過ごせていいのかと思うくらいです。



こちらが、主座敷の「御座ノ間」です。





御座ノ間には、土縁が設けられています。





お客様は、この土縁に出て、庭をゆっくり眺められたのでしょうか。





まだ、まだ、明日に続きます(笑)





今日も来て下さってありがとうございますm(__)m

いつも応援クリック頂き感謝です。
    ↓      ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
[09/12 和み]
[01/19 たか]
[11/20 まぁこ]
[11/13 たか]
[10/27 るる]
最新TB
プロフィール
HN:
Kei
性別:
女性
自己紹介:
転勤で、東京・神奈川・埼玉に住み、2010年、出身地大阪に戻ってきました。
大阪での日々の暮らしをブログで発信しています。
家庭菜園、お花、パン作り、料理なども載せていきますね♬
 
バーコード
ブログ内検索
PR
Copyright ©  a little happiness       All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]